予防歯科に関するよくあるご質問|目白の歯医者なら、マイクロスコープを導入している若林歯科医院へ

※営業の連絡はご遠慮ください
※通話希望の方は お電話にてご連絡 ください

  • 診療時間

    月~水・金 AM10:00~PM7:00
    土 AM10:00~PM5:00
    休診日 木・日・祝日

  • 完全予約制

目白駅から徒歩1分。予約制でリラックスして診療を受けられます。
※当院ではお昼休みの時間を決めておりません。患者様のご都合を最優先しております。

お問い合わせ

予防歯科に関するよくあるご質問

Q:歯磨きに関して、歯ブラシとフロスはどちらを先にするのがいいのでしょうか?

結論から言いますと、どちらが先でも問題ありません。その理由は、歯ブラシとフロスとでは、「清掃出来る場所が異なる」ためです。

歯ブラシで清掃出来る場所は、「噛む溝」「歯と歯茎の境目」「歯の表面と裏面」になります。それに対して、フロスで清掃出来る場所は、「歯と歯の間」「一番後ろの歯の後面」です。

そのため、どちらから始めても問題ないということになります。

Q:歯科医院では、紙パックの中から器具を出していますが、これらの器具は使い捨てなのでしょうか?

歯科医院において患者さんに使用する器具は、使い捨ての物とそうでない物(滅菌して使用)があります。

治療する時に使用するグローブとマスク、うがいの時に使用する紙コップは使い捨てとなります。

消毒や滅菌して再利用することはありません。

そして、治療で使用する金属製の器具類(ミラー、ピンセットなど)は、一人一人患者さん毎に洗って滅菌パックに入れ、高圧蒸気滅菌器で滅菌してから使用しますので、使い捨てではありません。

当院の滅菌と院内感染対策に関してはこちらをご覧頂ければと思います。

Q:歯石取りの後に、歯茎が下がった気がするのですが、歯石取りが歯に悪影響を与えることはないのでしょうか?

歯石を除去して歯茎が下がった理由は、腫れていた歯茎が引き締まったからです。

なぜ歯茎が引き締まったかというと、歯の表面にこびり付いていた歯石がなくなったからです。

歯石取りが歯に悪影響を与えることはありません。

この時点で、すでに歯周病になっていたということです。歯周病は気付かない間に骨が溶けてしまう病気です。骨が溶ける前に、正しい処置を施す事が大切ですね。

歯周病に関する詳細は、当院の歯周病治療ページをご参照ください。

Q:歯石取りは医院によって、上手い下手があるのでしょうか?

歯科医院において歯石除去作業が行えるのは、歯科医師と歯科衛生士だけです。

歯科医師は、歯科医師にしか出来ない歯科治療をメインで行うため、歯石除去作業は歯科衛生士が行います。

歯科衛生士免許は国家資格です。しかし、免許を取得してもすぐに出来るようになるわけではありませんので、当然、施術者によって技術や経験値の差はあると思って良いと思います。

これは歯科に限った事ではなく、差が出るのはどんな職種でも同じだと思います。

気になるようでしたら、通われてるクリニックの歯科衛生士に「経験どの位ですか?」と聞いてみるのも良いかもしれませんね。

Q:歯磨きの際に血が出る時はあまり磨かない方が良いのでしょうか?

お口の中が健康な人は歯ブラシした時に出血することはありません。もちろん自然出血もありません。

例えば、入浴時に身体を洗って皮膚から血が出たら健康ではありませんよね。お口の中も身体の一部ですので、血が出るということは病気と言えます。

どこから血が出るかというと歯と歯茎の境目の歯周ポケットです。

健康な人でも歯と歯茎のには1-2mmの溝があります。その溝に汚れが溜まっても歯ブラシで清掃すれば汚れは落ちますが、ポケットが深くなってくると汚れを取り除けません。

その状態が続くと、歯肉の炎症を引き起こし出血するというわけです。

そのため、歯磨きで出血した場合は、歯科を受診して頂いた方が良いと思います。