ホワイトニングのよくあるご質問|目白で歯医者をお探しの方はマイクロスコープを導入している若林歯科医院へ

         

※営業の連絡はご遠慮ください

  • 診療時間

    月~水・金 AM10:00~PM7:00
    土 AM10:00~PM5:00
    休診日 木・日・祝日

  • 完全予約制

         

目白駅から徒歩1分。予約制でリラックスして診療を受けられます。
※当院ではお昼休みの時間を決めておりません。患者様のご都合を最優先しております。

お問い合わせ

ホワイトニングのよくあるご質問

Q:ホワイトニングの効果はどのくらいの期間持続するのでしょうか?

 
まず、ホワイトニングには「ホームホワイトニング」と「オフィスホワイトニング」の2種類があります。

「ホームホワイトニング」は、作製したマウストレーにホワイトニング薬材を入れてご自分で行うホワイトニング方法です。

効果は個人差ありますが、半年から一年程度と言われております。
14日間続けるのが通常ですが、自分で行うので怠ると当然効果はありません。

対して「オフィスホワイトニング」は、クリニックで歯科医師、歯科衛生士が行いますので、来院してお口を開けていれば済むので気軽と言えますね。

こちらも効果は個人差ありますが、3ヶ月から半年程度と言われております。
一回の来院で済むので自宅で行うのが面倒と思われる方にオススメです。
さらに白くしたい場合は、続けて来院されて再度施術するのも良いと思います。

また、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングとを併用して行うのも良いと思います。
白い歯を保つために定期的にクリーニングをするのも効果的と言えます。

ホワイトニングに関して詳しくお知りになりたい方は、当院のホワイトニングページをご参照ください。

Q:オフィスホワイトニングは安全でしょうか?また、どのくらいの期間で白くなりますか?

 
当院で使用しているオフィスホワイトニングシステムの「ティオンオフィス」は、日本できちんと認可を受けている材料ですので安全性に問題はありません。

ただ、妊娠中の方や気管支炎の方、喘息の方などは禁忌となりますのご注意ください。

また、白くなる期間ですが、基本オフィスホワイトニングは一回完結ですので、一回終わった時点で満足頂けたら終了となります。

もっと白くしたいという事でしたら、繰り返しホワイトニングを行うことになります。

ホワイトニングに関して詳しくお知りになりたい方は、当院のホワイトニングページをご参照ください。

Q:神経が残っていない歯でも白くすることが出来るのでしょうか?

 
神経が残っていない歯(失活歯)は、オフィスホワイトニング法では白くすることが出来ないため、ウォーキングブリーチ法が適応となります。

ウォーキングブリーチ法では、まずは根管治療を行い、虫歯の処置を終わらせます。

次に、歯の裏側部分に穴を開けてやや深くまでアクセスします。

使用する薬剤は、過酸化水素水と過ホウサンナトリウムを混合した薬剤を歯の裏側の穴を開けた部位に詰め込み、薬剤が漏れないようしっかりと蓋をして一週間反応させます。

この作業を何回か繰り返してお好みの歯の色になったところで、裏側の穴に最終的な詰め物をして終了となります。

ただ時間の経過と共に色は元に戻ってくるので、気になりだしたら再度同じ施術をします。

これが神経の無い歯を白くする方法です。

神経のない歯を白くしたいとお考えの方は、お気軽に当院までご相談ください。

Q:オフィスホワイトニング時に痛みはないのでしょうか?

 
当院において、オフィスホワイトニング時に痛みや違和感を訴える方はほとんどおりません。

現在当院で使用しているティオンオフィスホワイトニングシステムで使用する薬剤は、比較的強い方の部類に入りますが、施術中に痛みや違和感はほぼ無いと言って良いでしょう。

稀に過敏症状が出る場合もありますが、すぐに治まることが多いため心配いらないと思います。

ホワイトニングに関して詳しくお知りになりたい方は、当院のホワイトニングページをご参照ください。

Q:ホワイトニングは歯周病があっても出来るのでしょうか?

 
歯周病に罹患している状態でのホワイトニングは好ましくないと言えます。

歯周病があると、ホワイトニング施術時に歯肉からの出血があるのでホワイトニング薬剤の効果が半減してしまう恐れがあります。

そのため、ホワイトニング前に歯周病はしっかり治しておいた方が良いでしょう。

また、歯周病で歯茎が腫れている場合は歯周病が治ると歯肉が引き締まり、歯肉の位置が変わるのでより多くの部分の歯をホワイトニングで白くする事が出来ます。

歯周病は痛みがないため放置してしまいがちですが、歯を失うケースの実に60%が歯周病によるものです。

当院は歯周病治療にも力を入れておりますので、詳しくお知りになりたい方はこちらの歯周病治療ページをご参照ください。

Q:オフィスホワイトニングとホームホワイトニングは併用した方がいいの?

 
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングのどちらも単体でホワイトニング効果は期待出来ます。

オフィスホワイトニングはクリニックで基本一回の施術となり煩わしさは全くありません。

診療ユニットで寝ている間に終わってしまいます。忙しい方に向いている方法と言えるでしょう。

ホームホワイトニングは自宅でご自分で施術していただく方法です。

ご自身の都合の良いときにやっていただければ良いのですが、一日では終わらないので繰り返す根気が必要です。

より白い歯をご希望される場合は、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングとを併用していただくとさらなるホワイトニング効果が期待出来ると思います。

ホワイトニングに関して詳しくお知りになりたい方は、当院のホワイトニングページをご参照ください。

Q:オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの効果の違いは?

 
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの大きな違いの一つとして、オフィスホワイトニングは来院時に一回で完結します。

オフィスホワイトニングは、歯肉に薬剤が付かないように歯肉保護をして、ある程度強めの薬剤を歯に塗布して光照射をします。

照射時間は一回五分です。これを三回繰り返し、基本一回で完結します。

もっと白くしたい場合は一週間後以降に再来院して頂き、再度同じ事を繰り返します。

また、オフィスホワイトニング中は居眠りしていても構わないので患者さんは楽だと思います。
 
 

オフィスホワイトニングに対し、ホームホワイトニングは、歯科医院にてまずは上下の歯型を取ります。

初回はこれで終わりです。

術者サイドでマウストレーを上下で作製して、患者さんにマウストレーとホームホワイトニングキットを納品して、自宅でホワイトニングを御自身で行って頂きます。
 
 

その後、マウストレーに弱めの薬剤を入れて口腔内の装着します。

一回約120分位が目安です。これを14日間繰り返します。毎日でも数日開けても構いません。

弱めの薬剤なので少しづつ白くしていくイメージです。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングのどちらもホワイトニング効果は期待出来ます。

ご自分にあった方法をチョイス、または両方併用してもより高いホワイトニング効果は得られると思います。

ホワイトニングに関して詳しくお知りになりたい方は、当院のホワイトニングページをご参照ください。