総合治療(咬合・矯正・義歯)の症例紹介|目白で歯医者をお探しの方はマイクロスコープを導入している若林歯科医院へ

※営業の連絡はご遠慮ください

  • 診療時間

    月~水・金 AM10:00~PM7:00
    土 AM10:00~PM5:00
    休診日 木・日・祝日

  • 完全予約制

目白駅から徒歩1分。予約制でリラックスして診療を受けられます。
※当院ではお昼休みの時間を決めておりません。患者様のご都合を最優先しております。

お問い合わせ

総合治療(咬合・矯正・義歯)の症例紹介

歯根破折により抜歯を行った症例(50代男性)

一通りの治療が終了して定期的なメインテナンスに移行している、歯ブラシが上手な患者さんにも襲い罹るのが歯根破折という症状です。
経年的な劣化により歯の根にヒビが入り、歯肉が腫れたり炎症を起こしたりします。
ヒビの箇所にだけ深い歯周ポケットが形成されるので、定期検診時に発見される事もしばしばあります。神経を除去してある歯に多く見受けられます。病気ではないので予防することが難しいですね。

 
歯根破折による抜歯前1

3ヶ月前の定期検診時には当該部位の歯周ポケットが2mmだったところに、突然9mmの深い歯周ポケットが出来てきました。
多少歯肉の腫脹はあるものの特に違和感はありません。他の部位は2mmですので歯根破折が疑われます。

 
歯根破折による抜歯後

破折線を確認出来たので抜歯しました。他院で神経除去してから20年程経過していたようです。
歯根破折は、金属疲労や木やゴムが劣化するのと同様、経年的な劣化によるものですので防ぐのは難しいです。
神経が無い歯は栄養が行かないので、劣化するスピードが速く割れ易くなります。
極力神経を取らない治療が歯根破折防止策になります。
事の発端は虫歯が原因となりますので、日頃の予防をきちんと行いましょう。

 

治療時間と費用 ※自由診療(保険外診療)
【治療期間】
治療期間:約3カ月(補綴治療終了まで、ブリッジ装着)
治療回数:6回
処置時間:1回 約60分~120分
【治療費用】
480,000円(税抜)
※メタル代金別途

歯根破折の歯の画像

私が日々の臨床で遭遇した歯根破折が原因で抜歯した歯の画像です。
やはり神経を除去して被せ物をしてある歯が多いのが、ご理解頂けると思います。

 

総合治療にて咬合機能を回復した症例(40代女性)

総合治療施術前のレントゲン及び口腔内写真1
総合治療施術前のレントゲン及び口腔内写真2

初診時のレントゲンと口腔内写真です。全顎的な歯周病を筆頭に様々な問題があります。保存不可能の為に抜歯が必要な歯は、矢印の4本(右上4、右下7、左下5・6)です。歯周病治療、根管治療、虫歯の治療を平行しながら行います。

 
総合治療施術後のレントゲン及び口腔内写真1
総合治療施術後のレントゲン及び口腔内写真2

治療終了から7年経過時のレントゲンと口腔内写真です。上顎は歯周病により歯槽骨が減り、不安定な為すべての歯を繋ぐフルマウスのブリッジとしました。左下はインプラントを3本埋入して、咬合を回復させました。現在も3カ月毎の定期検診にて良い状態を維持しております。

 

治療時間と費用 ※自由診療(保険外診療)
【治療期間】
治療期間:約2年
治療回数:約40回
処置時間:1回 約60~120分
【治療費用】
約4,000,000円
※メタル代金別途

 

根分岐部病変に対して歯根分割で対処した症例(50代女性)

日常臨床において歯周病の難症例に遭遇する事がしばしばあり、いざ着手しようとすると、かなり大掛かりな処置になると旨を説明すると躊躇してしまう事も多いのですが、真摯に向き合ってくれる患者さんには、時には大掛かりな処置も必要になります。全ては歯の保存、延命をする為に…

 
歯根分割施術中の画像1

左:患歯は左上6番の根分岐部に問題があり、深い歯周ポケットが存在しています。麻酔下にて歯肉を切開して骨の状態を確認する為に歯周外科処置をしています。
右:近心から遠心にかけて歯槽骨の吸収があり完全に交通していてガーゼが通る状態です。

 
歯根分割施術中の画像2

左:同日頬側根と口蓋根とを分割する処置を行いました。歯肉の回復を待ちます。
右:1ヶ月後、歯肉の状態は改善して歯周ポケットの深さも適正範囲になりました。メタルコアを装着して行きます。

 
歯根分割施術中の画像3

歯周外科処置から2ヶ月経過。歯肉からの出血も無くなり安定しています。仮歯で最終的な補綴の形態を試行錯誤して清掃しやすい形を見付けています。

 
歯根分割施術後の画像

最終的な補綴のジルコニアオールセラミックが装着された状態です。現在術後1年が経過していますが、歯周ポケットの再発もなく歯の動揺もなく順調に経過しています。
複雑な処置でしたが、患者さんの理解と協力が得られたので、無事に歯を保存することに成功しました。

 
歯根分割参考画像
 

治療時間と費用 ※自由診療(保険外診療)
【治療期間】
治療期間:約4ヶ月
治療回数:12回
処置時間:1回 約60分
【治療費用】
ジルコニア 160,000円(税抜)
※材料費込み
歯周外科 30,000円(税抜)

 

3Mix-MP法・ジルコニア・クラスプレスデンチャーで咬合回復を行った症例(40代女性)

クラスプレスデンチャー施術前

レントゲンと口腔内写真です。左下4番は深い虫歯がありますが、3Mix-MP法にて神経を温存。5番6番は予後不良の為抜歯の選択。7番は根管治療後ジルコニアオールセラミックで対応。中間の欠損部はクラスプレスデンチャーで咬合回復します。

 
クラスプレスデンチャー施術中

4番の3Mix-MP法虫歯治療と7番の根管治療ジルコニアオールセラミック、5番6番の抜歯が終了してクラスプレスデンチャーの型取りをする直前の口腔内写真です。

 
クラスプレスデンチャーセット後

クラスプレスデンチャーが完成して装着された口腔内。金具部分が無いので大きな口を開けても目立ちません。
将来的に欠損部にインプラントを入れる事も出来、クラスプレスデンチャーは非常に優れております。

 

治療時間と費用 ※自由診療(保険外診療)
【治療期間】
治療期間:約3ヶ月
治療回数:10回
処置時間:1回 約60分~90分
【治療費用】
280,000円(税抜)
※材料費込み