予防のための歯科衛生指導について|目白の歯医者なら、マイクロスコープを導入している若林歯科医院へ

※営業の連絡はご遠慮ください

  • 診療時間

    月~水・金 AM10:00~PM7:00
    土 AM10:00~PM5:00
    休診日 木・日・祝日

  • 完全予約制

目白駅から徒歩1分。予約制でリラックスして診療を受けられます。
※当院ではお昼休みの時間を決めておりません。患者様のご都合を最優先しております。

お問い合わせ

予防のための歯科衛生指導について

歯科衛生指導

治療の目安は歯周ポケットを浅くする


歯磨きの正しい方法は、自己流では身につけられないのが現実です。また、いったん歯周病になってしまったら、治療によって治すしかありません。

そこで必要となるのが、歯科クリニックでのブラッシング指導や治療、定期検診です。

初めから歯周病だとわかって来院する方は、ほとんどいません。詰めたところがとれたとか、欠けたとか、そういった理由でお見えになります。歯ぐきを見たり、歯垢の付き方を見れば歯周病だと分かりますから、歯周病の怖さを説明し、歯科ドッグの提案をさせていただきます。

そこで同意が得られたら、検査が始まります。レントゲンを撮ったり、噛み合わせのチェックなどをしますが、もっとも大事なことは歯周ポケットの深さを測ることです。ここで4ミリ以上の深さがあれば、はっきりとした歯周病です。

治療としては、まず歯科衛生士によるブラッシング指導があります。毎日、歯医者さんに通うことはできませんから、ここで正しいブラッシングを身につけてもらい、ホームケアが出来るようにします。歯周ポケットが浅い場合は、このブラッシングだけで歯周病は改善されます。

それと併行して、歯周ポケット内の歯根の表面に付着した歯石を除去します。これは1本ずつ、歯周ポケット内を探りながら手作業でやっていくので、思った以上に時間がかかります。また、技術も必要になります。

そのため、熟練した歯科衛生士がいるかどうかが、病院を選ぶ際のポイントだともいえます。

この2本立てで治療をしていって、最終的に歯周ポケットが2ミリ程度まで回復したら、病院での初期治療は終了です。

それでも改善しなかったり、かなりの程度に歯周病が進行してしまった場合は、ポケットの深さを減少させる外科手術をしたり、特殊な材料によって溶けてしまった歯を再生する手術などがあります。