審美治療前の準備について|若林歯科医院

※営業の連絡はご遠慮ください

  • 診療時間

    月~水・金 AM10:00~PM7:00
    土 AM10:00~PM5:00
    休診日 木・日・祝日

  • 完全予約制

目白駅から徒歩1分。予約制でリラックスして診療を受けられます。
※当院ではお昼休みの時間を決めておりません。患者様のご都合を最優先しております。

お問い合わせ

審美治療前の準備について

まずは歯肉を健康にすることが大事

審美治療を受ける前に、まず歯肉を健康にしておきましょう。歯が家ならば、歯肉は土台。土台がしっかりしていないと家が建てられないように、歯肉が健康でなければ審美治療を行っても良い結果は得られません。

歯肉を健康にするには、「虫歯治療」や「歯周病治療」、「根管治療」はもちろんのこと、毎日の「ブラッシング」がとても重要です。

歯周病治療


歯垢や歯石が溜まるとここを住みかとして歯と歯肉の境目、歯と歯の間、歯のくぼみなどに細菌が繁殖し、この細菌が歯周病を引き起こします。

プラークコントロールなどにより、歯垢を取り除くことが歯周病対策の基本ですが、初期段階であれば適切な処置で未然に防ぐことができます。

万が一、症状が進行してしまった場合は、スケーリングやルートプレーニングによって歯石を取り除きます。それでも改善されない場合は、外科治療や再生治療を施す場合もあります。

歯周病は予防が第一

歯周病は歯肉の炎症からはじまります。歯と歯肉の間から入った細菌が歯肉に炎症を引き起こし、さらに歯肉の中にある歯槽骨を溶かしていきます。

初期症状がほとんどないので、気づいた時にはすでに進行している、ということが大半です。歯周病はまずならないことが肝心で、予防第一です。万が一なってしまった場合は、速やかに治療を受け、完治してから審美治療を進めましょう。

「歯肉の炎症で型がとれない」とならないように、まずは健康な歯を保つことが重要です。

事前準備と術後のケア
初期のむし歯

歯周病治療後も毎日のセルフケアを怠らないようにしてください。自宅での正しいブラッシングと歯科医院での定期検診を両立させることで、歯の健康を持続させることができます。

健康な歯があってはじめて審美歯科の治療も有効になります。審美治療を始める前の事前準備、その後のケアをしっかり行い、歯を喪失する危険を未然に防ぎましょう。

≫当院の歯周病治療の詳細はこちら

根管治療


根管とは歯の中にある歯髄(神経や血管)が入った細いトンネルのことです。根管治療とは、根管の中の死んだ神経や汚染された象牙質を取り除き、根管の中を清掃し消毒する治療のことを言います。

虫歯が歯髄にまで進行してしまうと、歯髄は死んでしまいます。死んでしまった歯髄は取らなければなりません。しかし、歯を抜くほどではありません。根管治療をきちんと行えば、虫歯に侵された歯を助ける事ができます。

歯の歯髄を取ってしまえば今までの痛みが嘘のように消えますが、痛みが無くなったからといって安心はできません。歯髄を取った歯が長く使えるかどうかは、根管治療にかかっています。

≫当院の根管治療の詳細はこちら

ブラッシング


虫歯や歯周病を治療することは大事ですが、治しただけではまた再発する可能性があります。虫歯や歯周病の原因となっていた日々のセルフケアを見直さなければなりません。そのためには、ブラッシング方法の改善などが必要になってきます。

私たち若林歯科医院では、患者様の口腔内の健康を維持するために、お一人お一人に合ったブラッシング方法をご説明しています。口腔内の病気から身を守るためには毎日のホームケアが大切です。

≫当院の定期検診の詳細はこちら