ホワイトニングをお考えなら、目白の歯医者・マイクロスコープ治療の若林歯科医院へ

※営業の連絡はご遠慮ください

  • 診療時間

    月~水・金 AM10:00~PM7:00
    土 AM10:00~PM5:00
    休診日 木・日・祝日

  • 完全予約制

JR山手線目白駅から徒歩1分の若林歯科医院は完全予約制でリラックスして診療を受けられます。
※当院ではお昼休みの時間を決めておりません。患者様のご都合を最優先しております。

お問い合わせ

治療内容 ホワイトニング

当院のホワイトニングについて

オフィスホワイトニングシステム・ブリリカ

歯を白くしたいけど、本当に白くなるか不安と感じている方も多いのではないでしょうか。
当院ではオフィスホワイトニングのシステム「ブリリカ」を取り入れております。オフィスホワイトニングとは、歯に直接薬剤を塗り、光を当てることで歯を白くしていきます。
初回の処置でその効果が見えるので、短期間で歯を白くしたい方におススメしております。

歯が変色する原因

女性の口元

歯が変色してしまう原因は、おおまかに内因性ものと外因性のものに分けられます。

内因性の変色は、体の内側に起こる変化が原因です。私たちの歯は表面を覆うエナメル質とその下にある象牙質で構成されています。このうちエナメル質は半透明なので、もともとの歯の色は象牙質に左右されています。年齢を重ねると象牙質の色が濃くなっていくので、歯が黄ばんだように見えてしまうのです。他にも、神経を失った歯は新陳代謝が止まってしまうため、時間が経過すると黒ずんでしまいます。このようなことも変色の要因として挙げられます。

一方、外因性の変色は飲食物や嗜好品による着色汚れが主な原因です。食品に含まれる色素がエナメル質と結合し、表面に膜を作ることでステインとして沈着していきます。コーヒーや紅茶に含まれるカテキン、赤ワインなどに含まれるポリフェノール、醤油などの調味料がステインのもとになりやすく歯を黄ばませる原因になります。他にもタバコのヤニも歯をくすませてしまいます。

ホワイトニングで歯が白くなるメカニズムとは

歯のホワイトニングでは、赤い塗料が太陽光で退色してしまうことと似た仕組みを利用してステインの色を消しています。具体的には、ホワイトニング剤にレーザー光を照射するときに発生する電荷を帯びた酸素原子が色素の構造を破壊しています。

ところが、ステインを脱色しただけでは輝くような白い歯にはなりません。

歯の表面にあるエナメル質は半透明で、黄色味を帯びた象牙質の色を透過してしまうためです。滑らかなガラスよりも擦りガラスの方が白く見えるように、エナメル質の表面を変化させることで色の透過を抑えることができます。ホワイトニングでは、電荷を帯びた酸素原子の力でエナメル質表面の状態を変え、光を乱反射させています。

このように、歯のホワイトニングでは電荷を帯びた酸素原子にまつわる2つのメカニズムが作用して歯を白く見せているのです。

オフィスホワイトニング こんな方におススメ

  •  ○年齢と共に、歯の黄ばみが気になってきた方
  •  ○元々の自分の歯の色よりもっと白くしたい方
  •  ○時間がないので短期間で歯を白くしたい方
  •  ○自宅でのホームホワイトニングで面倒臭いと感じている方

まずは歯と歯茎が健康な状態であることが必要です。
ホワイトニングを希望される方は合わせて口内のチェックをさせて頂きます。

当院のオフィスホワイトニング

ブリリカ装着時のイメージ

当院で行うオフィスホワイトニングは、まず口内をチェックして問題がなければ、施術部位の歯面清掃を行います。

次に、ホワイトニング効果の高いホワイトニング溶液(ティオンオフィス)を塗布します。

最後に、ホワイトニング用LEDライト照射器「ブリリカ」を、5分間照射×3回繰り返します。

自宅で行うホームホワイトニングのような煩わしさは全くありません。

ただいまティオンオフィス通常25,000円(税別)のところを15,000円(税別)で受けて頂けます!(初診料は別途頂戴致しますので健康保険証の提示をお願い致します。)
詳しくは当院のスタッフまでお問い合わせください。

症例)当院のティオンオフィスホワイトニングの症例

術前・術後の写真

■その他の症例 「ティオン・オフィスホワイトニングによる歯を白く美しく施した別症例」はこちら

■その他の症例 「ティオンによるオフィスホワイトニングを施した別症例」はこちら

ホワイトニングの流れ

STEP1 術前のご説明

当院のカウンセラーがホワイトニングに対しての説明およびカウンセリングを行います。

STEP2 口腔内の検査

お口の状態を確認します。また、術前の状態を写真に残しておきます。
※歯の健康状態に問題がなかった場合に、次の処置へ進みます。

STEP3 歯面清掃

着色や汚れの付着の状態を確認し、お口のクリーニング及び、プレサージュ歯面清掃(ステイン除去)を行います。

STEP4 施術

歯肉保護レジンを塗り、歯茎および唇を保護してから、歯の表面にホワイトニングジェルを塗布します。
目を保護する特別なサングラスを付け、光照射を行います。
ホワイトニングジェルをふき取り、新しいホワイトニングジェルを塗布して、光照射を3回繰り返します。
歯肉保護レジンを除去し、うがいの後、歯のコンディションを整え、フッ素を塗布します。

STEP5 術後の説明

ホワイトニング後に控えて頂きたい食品や、可能な食品のご説明、知覚過敏に関してや今後のメンテナンスについてご説明させて頂きます。

ホワイトニング後の注意点

ホワイトニング直後は、酸性食品・飲料の摂取を控えてください。24時間は色の濃い飲食物の摂取、色の濃いうがい薬の使用は避けてください。また、24時間は喫煙を控えてください。

【 ホワイトニング後2~3時間は控えて頂きたいもの 】
酸性の食品…柑橘系食品、飲料/炭酸飲料/酢を使った食品/ヨーグルト/スポーツドリンク/アルコール類

【 ホワイトニング後24時間は控えて頂きたいもの 】
着色しやすい食品…/コーヒー/紅茶/赤ワイン/緑茶/ウーロン茶/コーラ/トマトソース/ブラウンソース/ケチャップ/からし/カレー/醤油/チョコレート/ブドウ、イチゴなど色が濃いもの/キムチ/合成着色料

【 知覚過敏について 】
施術後、歯がしみることがありますが、一時的な症状です。ご安心ください。 ただし、症状が悪化するような場合はご連絡ください。

【 メンテナンスについて 】
ホワイトニングの効果を維持するため、定期的(3~6か月毎)にメンテナンスを受けてください。数ヶ月から数年で色の後戻りが起きることがありますが、タッチアップ(追加ホワイトニング)を行うことにより、白さを維持することが出来ます。

ホワイトニングのまとめ

生まれつき歯の色には個人差がありますが、色の濃い食べ物・飲み物の飲食や喫煙など、日常生活の中で自然と黄色く着色してしまいます。他にも、加齢や虫歯によるものであったりと理由は複数あります。昔と比べて簡単にホワイトニングができるようになりましたが、専門的な施術が必要なケースも多く、歯医者での施術が安心です。当院では、一回のアポイントに1時間と、余裕をもった診療時間で対応し、経験が豊富ですので安心して診療を受けられます。