目白でインプラント治療なら、マイクロスコープ治療で有名な若林歯科医院へ

※営業の連絡はご遠慮ください

  • 診療時間

    月~水・金 AM10:00~PM7:00
    土 AM10:00~PM5:00
    休診日 木・日・祝日

  • 完全予約制

JR山手線目白駅から徒歩1分の若林歯科医院は完全予約制でリラックスして診療を受けられます。
※当院ではお昼休みの時間を決めておりません。患者様のご都合を最優先しております。

お問い合わせ

治療内容 インプラント

インプラント治療について

インプラントの画像

インプラントは人工の歯根を顎の骨に埋め込み、骨と人工歯根が直接結合した後に歯冠を接続させるという、入れ歯やブリッジのような従来の義歯に代わる新しく安全な治療法です。簡単な手術は必要ですが、天然歯と同じ様にしっかりと噛むことができ、見た目も自然に仕上がります。
当院では、術後の顎骨の吸収が少ないチタン製のインプラントを使用しております。

インプラントのメリット

歯を無駄に削らない

従来のブリッジで治療する際は、残っている両隣りの歯を削ります。その場合、何も問題のないきれいな歯であっても削ってしまうことになります。インプラントであれば、両隣りの歯を削りません。こうすることで歯を無駄に削らず、守ることができます。

ブリッジで支える歯の負担がない

従来のブリッジは、残っている歯に支えてもらう形で歯を作ります。そうすると、自然と支える側の歯への負担がかかり、土台となる歯が崩れてしまう可能性もあります。インプラントは、周りに負担をかけることなく、長く使用することができます。

再治療が容易になる

先述のように、インプラントは1本の歯を独立で治療を行います。そのため、被せ物が欠けたりなどで再治療が必要な場合、ブリッジと違って他の歯と繋がっていないので治療が容易に行えます。

インプラント治療の流れ

一次手術

1次手術がインプラント治療の一番重要なポイントです。当院では完全な滅菌体制にて手術を行います。

  • 歯肉切開の様子

    1)歯肉の切開

  • フィクスチャー埋入の様子

    2)インプラント体(フィクスチャー)
      の埋入

  • 歯肉縫合の様子

    3)歯肉の縫合

治癒期間の目安(インプラントと骨との結合を待つ期間) 上顎:約4ヶ月 下顎:約2ヶ月

二次手術

1次手術後インプラント体と骨との結合を待ち2次手術を行います。
インプラント体と上部構造(被せ物)とを連結するアバットメントを連結し周辺の歯肉の治癒を待ちます。

  • 歯肉切開の様子

    1)歯肉の切開

  • アバットメント連結・歯肉縫合の様子

    2)アバットメントを連結し歯肉を縫合します

  • 治癒後の様子

    3)治癒後の形態

治癒期間の目安(歯肉の形を整える)前歯部:1~3ヶ月 臼歯部:1ヶ月

インプラントの型取り・試適・装着

精密な型の採取が可能な印象材を使用します。歯科技工士によりアバットメント(支台)と被せ物が作製され、歯科医により治療が進められます。セット後の審美性回復も可能です。

  • 型取り
  • 試適
  • 装着
定期的なアフターケア

定期的にインプラントのアフターケアをしていきます。丁寧に手入れをすることで、インプラントの周りの骨が溶け、歯周病と同じように揺れ始め、抜けてしまうのを防ぎます。

症例)主訴:奥歯に歯を入れたい(50代女性)

  • 術前レントゲン
    術前レントゲン。
    右下大臼歯部2本欠損です。
  • フクスチャー埋入時のレントゲン
    インプラント一次オペ(フクスチャー)埋入時のレントゲン。
  • 歯肉が治癒した状態
    二次オペ後、歯肉が治癒した状態。
  • ジルコニアアバットメント装着時
    ジルコニアアバットメント装着時。
  • 最終補綴ジルコニアの装着時
    最終補綴ジルコニアの装着時。
  • 治療終了時レントゲン
    治療終了時レントゲン写真。

症例)主訴:左下のブリッジがおかしい。(40代女性)
左下インプラント2本埋入

  • 初診時レントゲン
    初診時のレントゲン。
    唯一の奥歯が虫歯にて崩壊。
  • 初診時写真
    初診時の写真。
    一見問題がないようですが歯肉の中が大きな虫歯で抜歯となり
  • インプラント埋入時のレントゲン
    チタンのインプラントを埋入した直後。
  • 補綴物完成時レントゲン
    最終的な補綴物が完成した所です。
  • 完成時口腔内写真
    完成時の口腔内写真です。
  • 最終時写真
    自然な歯を取り戻し患者さんも大満足です。

このような段取りでインプラントの治療は進んで行きます。
お聞きになりたい事などありましたら当院までご相談ください。

■その他の症例 「予後不良歯に対して抜歯を行いインプラントで審美機能回復した症例」はこちら

■その他の症例 「両側臼歯部の欠損をインプラントで対応した症例」はこちら

オペ風景はこちら

インプラントのまとめ

インプラントは、長い間歯を使用していく上でのメンテナンスが従来のブリッジを用いた治療方法より優れており、最大のメリットは、不必要に健康な歯を削らないことにあります。治療期間は長くなりますが、天然歯を大切にしていくことを考え、患者様とご相談の元、進めさせて頂きます。