根管治療が必要な場合は、目白の歯医者・マイクロスコープ治療の若林歯科医院へ

※営業の連絡はご遠慮ください

  • 診療時間

    月~水・金 AM10:00~PM7:00
    土 AM10:00~PM5:00
    休診日 木・日・祝日

  • 完全予約制

JR山手線目白駅から徒歩1分の若林歯科医院は完全予約制でリラックスして診療を受けられます。
※当院ではお昼休みの時間を決めておりません。患者様のご都合を最優先しております。

お問い合わせ

治療内容 根管治療

当院の根管治療について

院長専用治療室

根管治療とは神経の治療のことで、虫歯が神経にまで及んでしまった場合に神経を抜く治療と、すでに神経を抜いてある歯が再び感染をおこし、根の先端に膿を貯めてしまった時に行う治療とがあります。

根の中を清掃して清潔にし、再感染しないよう薬品を詰めていきますので、完全に治療するにはかなりの時間を必要とします。1回の治療に1時間以上のアポイントをお取りして丁寧に施術致します。

根管治療が必要な症例

咬むと痛い

症例)主訴:左側で咬むと痛い(30代女性)

初診時からの症例5
  • ①初診時レントゲン写真です。印の部分の根管治療がきちんと出来ていません。
  • ②根管治療が終了し、最終的なお薬を入れたレントゲン写真です。
  • ③コアを装着し、セラミッククラウンを装着した際のレントゲン写真です。根の先にはまだ黒い影があります。
  • ④術後13年経過時のレントゲン写真です。双方とも病巣は完全になくなり、経過は良好です。

この症例の詳細はこちら

症例)主訴:前歯で咬むと痛い(20代男性)

初診時からの症例1
  • ①初診の時です。神経の治療が不十分なため、根の先端で炎症を起こし膿がたまっている状態です。
  • ②神経の中の清掃をしているところです
  • ③最終的なお薬を詰めたところです。
  • ④ポーセレン冠を装着後約5年経過の状態です。根の先端の炎症は完治しています。

症例)主訴:下の前歯がズキズキ痛い(20代男性)

初診時からの症例2
  • ①初診時のレントゲンです。根管処置の不良により根尖に病変があります。
  • ②根管の清掃が終わり最終的なお薬を充填した所です。
  • ③最終補綴物を装着した所です。適切な根管治療により根尖の病変は治癒傾向に向かっています。
歯肉が腫れている

症例)主訴:下の奥歯の歯肉が腫れた(20代女性)

初診時からの症例3
  • ①初診時です。根の先に大きな病変が存在しています。
  • ②根管の長さを計測しています。
  • ③仮のお薬を充填した所です。
  • ④最終的なお薬に入れ替えた所です。
  • ⑤根尖の病変も治癒して最終補綴を完了した所です。

症例)主訴:下の前歯の歯肉が腫れた(20代男性)

初診時からの症例4
  • ①初診です。歯茎の腫れがあります。歯髄の壊死が原因でした。
  • ②根管の長さを測定しています。根の先がラッパ状に開いている難症例です。
  • ③根管の清掃が終わり仮の充填材を入れた直後です。
  • ④最終的な充填材を入れてから約6ヶ月後です。病変は治癒に向かっています。

■その他の根管治療の症例 「根管治療後12年が経過した症例」はこちら

■その他の根管治療の症例 「根管治療、審美補綴後20年が経過した症例」はこちら

■その他の根管治療の症例 「根尖病巣と髄床底破損を治療後13年経過した症例」はこちら

■その他の根管治療の症例 「根尖病巣に対して根管治療後21年が経過した症例」はこちら

■その他の根管治療の症例 「検診時に発見した根尖病巣を根管治療、審美治療で対応した症例」はこちら

■その他の根管治療の症例 「歯髄狭窄した歯の根管治療をマイクロスコープにて処置した症例」はこちら

■その他の根管治療の症例 「他院で抜歯と診断された歯に適切な根管治療を行う事で保存延命した症例」はこちら

根管治療のまとめ

このように根の中を清掃し、神経を治療する根管治療では、正確さと時間が必要になります。当院では、マイクロスコープをはじめとした精密治療が可能です。患部を拡大し、治療の説明を行いながら進めていきますので、安心して診療を受けられ、良くなっているかどうか分からず不安と感じることもありません。