目白の歯医者・無痛治療で有名な若林歯科医院の歯周病と禁煙チャレンジについて

※営業の連絡はご遠慮ください

  • 診療時間

    月~水・金 AM10:00~PM7:00
    土 AM10:00~PM5:00
    休診日 木・日・祝日

  • 完全予約制

JR山手線目白駅から徒歩1分の若林歯科医院は完全予約制でリラックスして診療を受けられます。
※当院ではお昼休みの時間を決めておりません。患者様のご都合を最優先しております。

お問い合わせ

歯周病と禁煙チャレンジ

歯周病と禁煙チャレンジ

タバコを吸うあなたのために
日本歯周病学会は、国民の歯周病の予防と治療に取り組んでいる特定非営利活動法人です。

私たちの学会では「タバコと歯周病のない世界」を目指し平成16年5月21日に禁煙宣言を採択し、積極的に喫煙対策と禁煙活動を行なっています。

歯周病とはどのような病気でしょうか?

歯は歯ぐき(歯肉)・歯根膜・骨(歯槽骨)等の歯周組織によって支えられており、歯周病というのは、歯を支えている歯ぐき、結合組織、骨に起こる炎症を症状とする病気です。

口内の細菌による混合感染と考えられています(下図)。
新潟県歯科保険協会 お口の健康のために-タバコと歯周病-より転載
お口の中が正しく清掃されないと、口の中の細菌が食べかすを分解し、歯の表面に膜(バイオフィルム)状の共同体であるプラーク(歯垢)を形成します。

歯周病とはこのプラークが歯を支持している組織【歯肉、セメント質、歯根膜、歯槽骨】に炎症を起こし、徐々に進行し、歯肉付着部が崩壊しやがては歯の喪失に至る病気です。

また、プラークの中の細菌が産生する酸は虫歯の原因にもなります。
プラークは唾液中のカルシウムなどを取込み、硬い歯石になり、
その歯石の上にはプラークが付着しやすく、歯石も歯周病の原因となります。

この歯周病の発症と進行には様々な危険因子が関与しており、日常の生活習慣に由来する様々な要因があります。
それらの要因の中でも喫煙、糖尿病、ストレスなどが重要な因子と考えられています。
下の図は、ニューヨーク州立大の研究で歯周病の危険因子を表したものですが、多重の喫煙が歯周病の最大の危険因子であることが示されています。
歯周病の危険因子と歯肉付着部崩壊のオッズ比

喫煙はなぜ歯周病を悪化させるのでしょうか?

タバコには三大有害物質(ニコチン、タール、一酸化炭素)をはじめ約200 種類もの有害物質が含まれています。

1: ニコチンの強力な血管収縮作用によって、歯ぐきが炎症を起こしても出血が抑えられ歯周病の症状である出血が隠されてしまうため、気付かないうちに歯周病が重症化してしまいます。

2: タールは歯に黒褐色に沈着し、不快な外観を作り出します。何よりもタールは発がん物質として有名です。

3: 一酸化炭素はニコチンと共に身体の免疫細胞の活動を著しく低下させます。これらの有害物質の相乗作用によって歯周病は悪化し、治療しても術後の経過が不良になるのです。

禁煙の効果はどの程度でしょうか?

禁煙によって歯周組織は本来備わっていた免疫応答を数週間で回復するようになります。
また、歯周を治療することによって1年後には歯ぐきは本来の健康な状態に回復します。歯ぐきの黒ずんだ外観に関しても、時間はかかりますが少しずつ本来の健康な歯ぐきの色に戻ります。

禁煙をすることで間接喫煙(受動喫煙)による他人への迷惑をかけることがなくなります。

写真は1日20本ずつ30年間喫煙していた人が禁煙に成功した、約11年後の状態です。
禁煙前と禁煙後を比較して下さい。

禁煙に成功した人の口内比較

お口が健康であることは、全身の健康にも大きくかかわっており、生活の質の維持と向上に大切です。
タバコをやめると様々な良い変化が見られます。

タバコをやめると様々な良い変化

禁煙の達成は個人の意志の力だけでは難しく周囲からのサポートが必要

非喫煙者が考えるほど、喫煙者の方の禁煙は簡単なことではありません。

その理由はタバコの主要成分であるニコチンに強力な精神依存性があり薬物依存症(ニコチン依存症)にかかってしまうからなのです。

さらに心理的な依存も禁煙を困難にしている原因の一つです。

禁煙をはじめるために

禁煙することはお口の健康だけでなく全身の健康にとっても大きな意義があります。
歯周病だけでなく、大きな病気にかかる危険を減らすことができるばかりでなく、周囲の他人への被害を及ぼすこともなくなります。

長期間にわたって禁煙をサポートする体制としてインターネットや携帯電話の利用があり、禁煙の成功率の向上に寄与しています。

日本歯周病学会のホームページhttp://www.perio.jpにこれらの禁煙支援に関する情報をまとめてあります。興味のある方はアクセスして下さい。

歯周病と禁煙チャレンジのまとめ

1: 何のために禁煙をするのか明確で強い意志を持つこと。

2: 周囲の環境をととのえ、協力できる仲間作りをする。

3: 喫煙したい気持ちを発散させる方法を考える。

4: 専門家による禁煙サポート(カウンセリングとニコチン代替療法)を受ける。

禁煙支援は「禁煙開始支援」と「禁煙継続支援」があります。
ニコチン代替療法としてニコチンガムとニコチンパッチの2種類があり正しく利用すると有効です。

タバコをやめれば食物をおいしく味わって楽しむことができ、高齢社会の今、生活の質の向上にとっても重要なポイントになります。

本学会としては禁煙を推進しており、歯周病予防と全身の健康のためにも喫煙者の方には禁煙にチャレンジして、健康な生活を送っていただきたいと願っております。