Q:インプラントの寿命はどのくらいですか?また、治療後のメインテナンスの内容とは?

         

※営業の連絡はご遠慮ください

  • 診療時間

    月~水・金 AM10:00~PM7:00
    土 AM10:00~PM5:00
    休診日 木・日・祝日

  • 完全予約制

JR山手線目白駅から徒歩1分の若林歯科医院は予約制でリラックスして診療を受けられます。
※当院ではお昼休みの時間を決めておりません。患者様のご都合を最優先しております。

お問い合わせ

Q:インプラントの寿命はどのくらい?治療後のメインテナンスの内容とは?

2018年03月05日


インプラントの寿命に関してですが、歯槽骨に埋入したインプラント本体(当院のではチタン製を使用しています)と上部構造に分けてご説明します。
 
まず、チタン製のインプラント体自体は虫歯になる事はありませんが、手入れが悪いとインプラント体の周囲に汚れが溜まり、炎症が起きて「インプラント周囲炎」を引き起こしてしまう可能性があります。
 
歯周病のように骨が吸収してしまうと充分な支えがなくなり、インプラント体が割れたりする事もあります。
 
インプラント周囲炎を防ぐためには、日々の清掃と歯科医院での定期的な検診が必要です。
 
上部構造に関してはセラミックの場合、欠けたりする事もありますので、その際は上部構造だけやり直す事もあります。
 
次に、インプラント治療後のメインテナンスに関してですが、残っているご自分の歯と同様、歯ブラシ・デンタルフロス・歯間ブラシなどを用いて、汚れが溜まらないように充分に清掃を行っていく必要があります。
 
また、インプラント体の形状は直径が3-5ミリ程度で、この上に、適宜上部構造物を作製しますので、イメージ的に小さい物の上に大き目の物が乗っかるようなイメージのため、インプラントを埋入した歯は、天然歯に比べてより歯周ポケットの清掃を念入りにし、メンテンナンスする必要があります。
 

左:インプラントを埋入したレントゲン画像。
右:天然歯に入れたセラミック冠のレントゲン画像。
 

 
当院のインプラント治療に関してはこちらをご参照ください。
 
 

若林歯科医院 院長 若林潤

 
 
■インプラント治療Q&A一覧
 
 Q:インプラントの治療期間はどのくらいかかるのでしょうか?
 
 Q:歯周病があってもインプラントを入れる事が出来るのでしょうか?
 
 Q:インプラントの治療費は医療費控除の対象になるのでしょうか?
 
 Q:インプラント埋入手術にかかる時間はどのくらいでしょうか?
 
 Q:インプラントはなぜ自分の歯のように噛めると言われるのでしょうか?
 
 Q:インプラント治療が受けられないケースにはどのようなものがありますか?
 
 Q:インプラントの寿命はどのくらい?治療後のメインテナンスの内容とは?
 
 Q:手術中に麻酔が切れることはありますか?また手術後の痛みや腫れはありますか?