Q:インプラントはなぜ自分の歯のように噛めると言われるのでしょうか?

         

※営業の連絡はご遠慮ください

  • 診療時間

    月~水・金 AM10:00~PM7:00
    土 AM10:00~PM5:00
    休診日 木・日・祝日

  • 完全予約制

JR山手線目白駅から徒歩1分の若林歯科医院は予約制でリラックスして診療を受けられます。
※当院ではお昼休みの時間を決めておりません。患者様のご都合を最優先しております。

お問い合わせ

Q:インプラントはなぜ自分の歯のように噛めると言われるのでしょうか?

2018年01月29日


なぜインプラントが自分の歯のように噛めると言われるのかというと、インプラントはご自分の顎の骨の直接フィクスチャーというインプラント体を埋め込み、その上に上部構造体(補綴物)を連結するので、自分の歯のように噛めるためです。
 
入れ歯の場合は、顎堤(歯の無くなった部分)すなわち、骨の上に乗るだけですので当然義歯が浮いたり、動いたりという事が起きる可能性があるのです。(残っている歯の数や位置にもよります)
 
また、インプラントは義歯と違って固定式ですので食事の後の取り外しがありませんが、義歯は食事の後取り外して清掃してあげる必要があります。
 
義歯の床と歯茎との隙間に食べカスが侵入する事があるので、義歯はやはり食事の後の清掃が重要になります。
 
こういった日常の使い勝手などを考えると、インプラントを選択肢の視野に入れて頂いても良いと思います。
 
義歯からインプラントにチェンジした患者さんは治療後、とても満足される方が多いです。
 
インプラント治療や入れ歯に関して詳しくお知りになりたい方は、当院のインプラント治療ページ補綴治療(冠・ブリッジ・義歯)ページをご参照ください。
 
治療に関してご相談したい方は、お気軽に当院までご連絡ください。
 
 

若林歯科医院 院長 若林潤

 
 
■インプラント治療Q&A一覧
 
 Q:インプラントの治療期間はどのくらいかかるのでしょうか?
 
 Q:歯周病があってもインプラントを入れる事が出来るのでしょうか?
 
 Q:インプラントの治療費は医療費控除の対象になるのでしょうか?
 
 Q:インプラント埋入手術にかかる時間はどのくらいでしょうか?
 
 Q:インプラントはなぜ自分の歯のように噛めると言われるのでしょうか?
 
 Q:インプラント治療が受けられないケースにはどのようなものがありますか?
 
 Q:インプラントの寿命はどのくらい?治療後のメインテナンスの内容とは?
 
 Q:手術中に麻酔が切れることはありますか?また手術後の痛みや腫れはありますか?