麻酔薬を体温程度に暖め、麻酔が入る時の違和感を軽減するカートリッジウォーマー

         

※営業の連絡はご遠慮ください

  • 診療時間

    月~水・金 AM10:00~PM7:00
    土 AM10:00~PM5:00
    休診日 木・日・祝日

  • 完全予約制

JR山手線目白駅から徒歩1分の若林歯科医院は完全予約制でリラックスして診療を受けられます。
※当院ではお昼休みの時間を決めておりません。患者様のご都合を最優先しております。

お問い合わせ

麻酔薬を体温程度に暖め、麻酔が入る時の違和感を軽減する「カートリッジウォーマー」

2017年11月06日


今回は「カートリッジウォーマー」についてご紹介致します。
 
当院において神経のある歯の治療をする時は、必ず局所麻酔下での治療になるのですが、局所麻酔薬を常温のまま使用すると麻酔をする際にはとても痛く感じます。
 
何故かと言うと、体温と麻酔薬との温度差あるからなのです。
 
人の体温は個人差ありますが、大体35-37度程度ですので、常温の麻酔薬を体内に入れると当然違和感があります。
 
そこでこのカートリッジウォーマーで麻酔薬を事前に体温程度に暖めておくことにより、麻酔が入る時違和感をほとんど感じる事無く麻酔の注射が出来ます。
 
歯科は怖いイメージを持たれやすいので、麻酔が痛く無くクリア出来ることがとても大切だと私は考えています。
 
これとは別ですが、当院では痛くない麻酔の注射もやり方もありますので、痛がりの方もご安心ください。
 
当院の無痛麻酔に関して詳しくお知りになりたい方はコチラをご参照ください。
 
 

若林歯科医院 院長 若林潤