詰め物・被せ物作製時の型取りに必要な精密印象用ラバー印象材|器具から紐解く歯の治療

         

※営業の連絡はご遠慮ください

  • 診療時間

    月~水・金 AM10:00~PM7:00
    土 AM10:00~PM5:00
    休診日 木・日・祝日

  • 完全予約制

JR山手線目白駅から徒歩1分の若林歯科医院は完全予約制でリラックスして診療を受けられます。
※当院ではお昼休みの時間を決めておりません。患者様のご都合を最優先しております。

お問い合わせ

詰め物・被せ物作製時の型取りに必要な「精密印象用ラバー印象材」

2017年10月30日


今回は「精密印象用ラバー印象材」についてご紹介致します。
 
詰め物や被せ物を作製するに当たって、印象採得(型取り)が必要となってきます。
 
保険診療の場合ですと、アルジネート寒天の連合印象での型取りとなります。
 
歯の噛む溝だけの詰め物ならば、問題無いのですが、虫歯の部分が歯肉の中に及んでいる時などは、この方法ではキチンと型取りが出来ない事が多いです。
 

 
また審美的な改善をする症例の場合も、歯肉の中まで削り込みをしますので上手く行かないことが多いです。
 
当院では、詰め物や被せ物を作製する時は、必ずラバー印象材を使用して精密印象採得を行ないます。
 
虫歯が歯肉の中にある場合や歯肉の中まで削り込みをした場合も精密な型が取れます。
 
 

また、型取りをずる際には、歯肉の中にジンパックをいう糸を巻き付けて歯の縁の部分が正確に取れるようにしております。
 
この一手間が良い補綴物を作るキモになっております。
 
当院の精密な審美治療に関してお知りになりたい方はこちらをご参照ください。
 
 

若林歯科医院 院長 若林潤