Q:根管治療をしても抜歯する事はあるのでしょうか?

         

※営業の連絡はご遠慮ください

  • 診療時間

    月~水・金 AM10:00~PM7:00
    土 AM10:00~PM5:00
    休診日 木・日・祝日

  • 完全予約制

JR山手線目白駅から徒歩1分の若林歯科医院は完全予約制でリラックスして診療を受けられます。
※当院ではお昼休みの時間を決めておりません。患者様のご都合を最優先しております。

お問い合わせ

Q:根管治療をしても抜歯する事はあるのでしょうか?

2017年10月19日


根管治療が成功すれば、補綴処置を施して歯の保存が出来ます。
 
しかしながら、歯には寿命があります。
 
神経を取っていない歯(有髄歯)と、神経を取っている歯(無髄歯)を比べたら前者の方が寿命は長いです。
 
有髄歯は血管があるので歯には栄養が行き届き、元気なまま使うことが出来ます。
 
無髄歯となっても歯の保存は出来ますが、血管がないので栄養は届かず、神経を取ったその日から劣化が始まります。
 
最終的には、劣化により歯根の破折を起こす事が多々あります。
 
抜歯の原因の多くがこの歯根破折と言われ、根管治療をしても劣化による歯根破折を起こすと抜歯になります。
 
少しでも歯根破折を予防するために夜寝る時のマウスピースの装置も効果的です。
 
歯根破折の症例についてお知りになりたい方は、こちらの歯根破折により抜歯を行った症例をご参照ください。
 
 

若林歯科医院 院長 若林潤