Q:歯内療法(根管治療)が出来ないケースもあるのでしょうか?

※営業の連絡はご遠慮ください

  • 診療時間

    月~水・金 AM10:00~PM7:00
    土 AM10:00~PM5:00
    休診日 木・日・祝日

  • 完全予約制

JR山手線目白駅から徒歩1分の若林歯科医院は完全予約制でリラックスして診療を受けられます。
※当院ではお昼休みの時間を決めておりません。患者様のご都合を最優先しております。

お問い合わせ

Q:歯内療法(根管治療)が出来ないケースもあるのでしょうか?

2017年10月11日


虫歯の進行具合によっては根管治療が出来ないケースもあります。
 
例えば、歯肉の中の方まで大きく虫歯が侵食してる場合は厳しいと言えます。
 
虫歯菌が神経を汚染すると無菌状態が保てず神経を取る事になります。
 
よしんば根管治療が出来たとしても補綴する過程で支台築造をしますが、虫歯が歯肉の中に大幅に侵食してる場合は支台築造の型取りが出来ないので治療不可という事になります。
 
また大臼歯の場合、髄床底まで虫歯が侵食されている場合も保存不可能となり抜歯の適応となります。
 
こうならない為にも早期治療をオススメします。
 
また治療途中の中断も絶対ダメです。
 
神経を取ると一旦痛みが引きますが、放置する事により痛くなくても虫歯が進行して行きますので注意が必要です。
 
根管治療や定期検診に関して詳しくお知りになりたい方は、こちらの根管治療ページをご参照ください。
 
 

若林歯科医院 院長 若林潤