Q:神経を取った歯は、徐々に歯や歯茎の色が悪くなることがありますか?

※営業の連絡はご遠慮ください

  • 診療時間

    月~水・金 AM10:00~PM7:00
    土 AM10:00~PM5:00
    休診日 木・日・祝日

  • 完全予約制

JR山手線目白駅から徒歩1分の若林歯科医院は完全予約制でリラックスして診療を受けられます。
※当院ではお昼休みの時間を決めておりません。患者様のご都合を最優先しております。

お問い合わせ

Q:神経を取った歯は、徐々に歯や歯茎の色が悪くなることがありますか?

2017年10月02日


歯には神経があります。分かり易く言うと血管です。
 
神経のある歯は知覚があり、冷たい刺激、熱い刺激などを感じる事が出来ます。
 
虫歯菌が神経を汚染すると無菌状態が保てず神経を取る事になります。
 
その際に、歯自体は保存することが出来ますが、神経を取ったその日から血液の供給が無くなるので劣化が始まるわけです。
 
その結果、時間の経過と共に歯の色調が悪くなって行きます。
 
神経を取った事で歯茎自体の色の変化はありませんが、歯に近接してる歯茎に関しては変色した歯の色調を拾ってしまうこともあります。
 
神経を取らなければならない状態まで虫歯を進行させないよう、日頃のケアと定期的な検診が大切ですね。
 
根管治療や定期検診に関して詳しくお知りになりたい方は、こちらの根管治療ページ定期検診ページをご参照ください。
 
 

若林歯科医院 院長 若林潤