Q:根管治療で歯を残さずに抜歯した場合、どんなデメリットがありますか?

※営業の連絡はご遠慮ください

  • 診療時間

    月~水・金 AM10:00~PM7:00
    土 AM10:00~PM5:00
    休診日 木・日・祝日

  • 完全予約制

JR山手線目白駅から徒歩1分の若林歯科医院は完全予約制でリラックスして診療を受けられます。
※当院ではお昼休みの時間を決めておりません。患者様のご都合を最優先しております。

お問い合わせ

Q:根管治療で歯を残さずに抜歯した場合、どんなデメリットがありますか?

2017年09月04日


抜歯をした場合は、その箇所になんらかの対策を練る必要が出てきます。
 
両隣の歯があればブリッジにするか?両隣の歯を削りたく無ければ、取り外しの義歯?義歯が嫌であれば骨量に問題無ければインプラント?
 
いずれにせよ、欠損したままでは歯が倒れてきたり、噛み合わせの歯が廷出してきたりするため、さらなる悪循環になります。
 
そのため、根管治療をして保存を試みるのが第一選択なのです。
 
どうしても保存不可能の場合は自分にあった次の手を検討して行けば良いですね。
 
こちらのインプラント治療ページや、補綴治療(冠・ブリッジ・義歯)ページでも症例を紹介しておりますので、参考にして頂ければと思います。
 
お悩みのある方は、当院までお気軽にご相談ください。
 

若林歯科医院 院長 若林潤