Q:根管治療した歯はずっと使えるのでしょうか?

※営業の連絡はご遠慮ください

  • 診療時間

    月~水・金 AM10:00~PM7:00
    土 AM10:00~PM5:00
    休診日 木・日・祝日

  • 完全予約制

JR山手線目白駅から徒歩1分の若林歯科医院は完全予約制でリラックスして診療を受けられます。
※当院ではお昼休みの時間を決めておりません。患者様のご都合を最優先しております。

お問い合わせ

Q:根管治療した歯はずっと使えるのでしょうか?

2017年07月28日


歯には中心部から根の先にかけて神経(血管)があります。
 
冷たい物を口に含むと歯が滲みたりするのは神経が生きているためです。
 
深い虫歯が出来てしまいズキズキした痛みが出た場合は神経を取る処置が必要になりますが、神経を取っても歯を保存する事が出来ます。
 
これを根管治療と言います。
 
ただ根管治療をしっかりとしないと、治療後に根管治療時に取り残した不純物などが原因で再発して痛んだり、腫れたりする事があります。
 
再治療する時に折角被せたクラウンを壊して外して再治療が必要になり、結果歯の寿命を短くしてしまうので、根管治療をしっかり行う事により再治療のリスクを減らして長く使える事が出来るのです。
 
そのため、根管治療はとても大切なのです。
 
当院では、日本の歯科医療でまだ導入数の少ない、マイクロスコープを使用した精密な根管治療を行っております。
 
当院のマイクロスコープ精密治療に関して根管治療に関してはこちらをご覧ください。
 

若林歯科医院 院長 若林潤