目白の歯医者・若林歯科医院の根尖病巣に対して根管治療後21年が経過した症例をご紹介

※営業の連絡はご遠慮ください

  • 診療時間

    月~水・金 AM10:00~PM7:00
    土 AM10:00~PM5:00
    休診日 木・日・祝日

  • 完全予約制

JR山手線目白駅から徒歩1分の若林歯科医院は完全予約制でリラックスして診療を受けられます。
※当院ではお昼休みの時間を決めておりません。患者様のご都合を最優先しております。

お問い合わせ

根尖病巣に対して根管治療後21年が経過した症例

2017年06月26日

 
施術前の口腔内写真

初診1996年7月9日。
右上2番の咬合痛が主訴にてご来院。
根管治療の不良、根尖病巣が確認出来ます。
根管治療開始。
 

 
施術中の口腔内写真

左:1996年8月7日。
根管内の感染物質が除去出来て、
痛みも消失したので根管内に
最終的な薬(根管充填)を入れました。
右:1996年9月17日。
メタルコアを装着して、
最終的な補綴物メタルボンドポーセレンを装着。
まだ根尖病巣はあります。
 

 
施術後の口腔内写真1

左:1997年5月28日。
最終的な補綴物セットから8ヶ月経過。
根尖病巣が縮小しているのが確認出来ます。
右:1997年9月19日。
最終的な補綴物セットから1年経過。
根尖病巣はほぼ治癒しているのが確認出来ます。
 

 
施術後の口腔内写真2

左:2000年12月18日。
最終的な補綴物セットから4年3ヶ月経過。
根尖病巣は完治しているのが確認出来ます。
右:2017年5月31日。
最終的な補綴物セットから21年経過。
根尖病巣の再発はありません。経過良好です。
 

適切な根管治療により安定した状態を保つ事が出来ます。
 

若林歯科医院 院長 若林潤