白い歯の輝きを奪う原因になる食べ物・飲み物とは?

※営業の連絡はご遠慮ください

  • 診療時間

    月~水・金 AM10:00~PM7:00
    土 AM10:00~PM5:00
    休診日 木・日・祝日

  • 完全予約制

JR山手線目白駅から徒歩1分の若林歯科医院は完全予約制でリラックスして診療を受けられます。
※当院ではお昼休みの時間を決めておりません。患者様のご都合を最優先しております。

お問い合わせ

白い歯の輝きを奪う原因になる食べ物・飲み物とは?

2017年05月15日

歯の色がキレイだと、印象もよく感じませんか?
同一人物でも歯の色が違うだけで第一印象は、全く違うんです。
 
歯が汚れていると歯を見せるのに抵抗が出てきます。
話しをする相手の目線も気になるので大きな口をあけることに抵抗も出てきますよね。
口元を隠しながら話をしている方もたくさんいらっしゃいます。
 
歯の色は、どんなに気を付けていても真っ白のまま維持することは出来ません。
普段の食べ物や飲み物でも、歯に色がついてしまうのです。
白い歯を維持するために着色しやすい食べ物や飲み物を知っておけば白い歯を維持しやすくなりますね。
 
今日は、白い歯の輝きを奪う原因になる食べ物、飲み物についてお話ししましょう。
 

1.白い歯の輝きを奪う原因

 
白い歯の輝きがなくなり歯の色が黄色くなる原因は、加齢と着色汚れになります。
加齢による歯の黄ばみは、仕方ない部分がありますが食べ物や飲み物からの着色汚れは、普段の生活で注意すれば防ぐことが出来る着色になります。
食べ物や飲み物で着色する原因は、歯の表面のエナメル質に汚れが付くことで黄色くみえてしまうことです。
どんなに顔立ちを綺麗に見せても歯が汚ければがっかりですよね。
着色しやすい食べ物、飲み物を知って歯の黄ばみ対策を心がければ白い歯を維持しやすくなりますよ。
 

2.歯に着色しやすい食べ物・飲み物

 
食べ物や飲み物の中には、歯に着色しやすいものがあります。
着色しやすい食べ物や飲み物を把握すれば白い歯を維持する役にも立ちますね。
着色しやすいものには、コーヒー、紅茶、緑茶、烏龍茶などの色の濃い飲み物。
酸性の高い飲み物も、よくありません。
赤ワインはステインがつきやすいことは歯みがき粉などのテレビコマーシャルでも見たことがある方もいると思います。
色の濃い調味料も歯に着色しやすいです。
ソースやしょうゆ、ケチャップ、キムチなどですね。
チョコレートや着色料が使ってあるお菓子や飲み物、アイスクリームなど歯の着色汚れの原因になる飲み物はたくさんあるのです。
喫煙もヤニが歯につくので着色するものの代表です。
 

3.歯の着色汚れを防止


歯の着色汚れを防止して白い歯を維持するコツは、着色しやすい食べ物や飲み物を摂取したら口を水ですすいでキレイにしたり、口の中に長い時間溜めないようにしましょう。
 
飲み物ならストローを使って口に含まず飲むようにすれば飲み物が歯につきませんから着色汚れ予防に役立ちます。
 
歯に着色しやすい食べ物や飲み物を摂取したら口の中をすすぐだけでも、汚れが取れます。
 

歯の着色汚れ予防には歯磨き

 
完全に着色汚れが、うがいだけで取れる訳ではありませんので歯磨きも忘れないようにして下さい。
歯ブラシが直ぐに開いてしまう方がいますが力を入れ過ぎているケースが殆どです。
歯磨きをする時に、力を入れる必要はありません。
手の力を抜いて優しくブラッシングして下さい。
力いっぱい磨いてしまうと歯の表面が傷つき余計に汚れが付きやすくなりますので注意して下さい。
 

まとめ


今回は、白い歯の輝きをうばう原因になる食べ物、飲み物についてお話しさせていただきました。
ちょっとした予防方法で白い歯を継続させていくことが出来ますので、日頃から意識する習慣をつけるといいですね。
当歯科医院では、技術力はもちろんのこと患者様が納得いくまでしっかりとした説明と治療を心がけております。
治療室も個室でプライベートな空間になっていますので治療をなさっている患者様から、とても喜ばれております。
歯の着色やホワイトニングが気になる方は目白にある当歯科医院にお気軽にご相談下さい。
 

若林歯科医院 院長 若林潤