ちょっとしたクセを直して歯並びを改善しましょう

※営業の連絡はご遠慮ください

  • 診療時間

    月~水・金 AM10:00~PM7:00
    土 AM10:00~PM5:00
    休診日 木・日・祝日

  • 完全予約制

JR山手線目白駅から徒歩1分の若林歯科医院は完全予約制でリラックスして診療を受けられます。
※当院ではお昼休みの時間を決めておりません。患者様のご都合を最優先しております。

お問い合わせ

ちょっとしたクセを直して歯並びを改善しましょう

2017年01月30日

皆さんは、歯並びに自信がありますか?

 

子供の頃に矯正していた方も大勢いらっしゃると思いますが普段の癖によっても歯並びが悪くなる可能性があります。
普段の癖なので、気が付きにくく治らない方もいるかもしれませんが歯並びの改善になると知れば自然に悪い癖は治ると思います。
子供の頃の癖で歯並びが悪くなる原因と大人になって、癖で歯並びが悪くなる原因があります。
子供の歯並びが悪くなる原因は、指しゃぶりや口呼吸舌を出す、何かを噛むなどがありますが大人の場合には、美しい歯並びを壊す癖とはどのようなものなのでしょうか?
今日は、ちょっとしたクセを直して歯並びを改善するコツお話しをします。
 
 

1)大人の歯並びに関する癖


・頬杖(ほおづえ)をつく
人と話す時やテレビを観ている時、携帯を見ている時など頬杖をつきながら何かをしている場合は、要注意です。
頬杖は、かみ合わせがずれてきたり顎の発達にも支障があります。
 
・口呼吸
口呼吸は、子供も大人でも歯並びや口内環境を整える為には直したい癖になります。
口呼吸の方は、大勢いらっしゃいます。
長時間口を開けた状態が続きますので、口の筋肉や発達に影響が出ます。
口呼吸をつづければ、下顎と舌の位置が下がっている状態になったり、口の筋肉や顎の成長にも影響があります。
口呼吸は、常に口の中が乾いている状態なので口臭の原因にも繋がってきます。
唾液が少ない口の中は、細菌が繁殖しやすく口臭の原因や虫歯の原因にも繋がってきます。
 
・舌を前に出す癖
舌を前に出す癖とは、歯と歯の間で舌を挟んだり歯の裏側を舌で触っておしたりする癖になります。
 
・柔らかいものばかり
柔らかいものばかりで硬いものを滅多に食べない方も歯並びが悪くなる原因を持っています。

 

2)歯並び改善法


・鼻呼吸
口呼吸をしている場合、鼻呼吸にクセを直すのは大変かもしれませんが、口呼吸は、何もメリットがありません。
鼻呼吸をすることで口の中の渇きが減ります。
唾液の分泌が十分であれば口の中の細菌が極端に増えることはありませんので口臭も防ぐことが出来ます。
口を少し開けて上下の唇を全て口の中に入れ込みます。
次に、そのままパンという音が聞こえるように口を開くトレーニングで口がいつも開いている癖を治せます。
 
・舌を前にだす(舌突出癖)
食べ物を飲み込む際に、舌を前に出す癖がある方は歯と歯の間に舌を入れるので前歯を押し出しています。
かみ合わせが悪い場合には、このような癖があると思います。
また子供の頃に、指しゃぶりをしていた方にも見受けられる癖です。
舌を前に出す癖があると、発音が不明瞭になったり食べるときに音がするようになります。
舌を上あごに付け舌全体を上あごに吸い付かせるような意識で吸ってみます。
お口を大きく開けて、舌小帯をできるだけ伸ばし舌で上あごをはじくようにして音を出すトレーニング方法です。
 
・頬杖をやめる
自然に癖でてしまう方がほとんどなので周囲の方にも協力してもらって頬杖している時に注意してもらい癖の意識を高めることで癖も治っていきます。

 

まとめ

 
今回は、ちょっとしたクセを直して歯並びを改善するコツお話しさせていただきました。
当歯科医院では、技術力はもちろんのこと患者様が納得いくまでしっかりとした説明と治療を心がけております。
治療室も個室でプライベートな空間になっていますので治療をなさっている患者様から、とても喜ばれております。
歯並びの改善や白い歯について悩んでいる方は、目白にある当歯科医院にお気軽にご相談下さい。

 
 

若林歯科医院 院長 若林潤