美容のための健康な歯へ!歯にいい3つの習慣とは

※営業の連絡はご遠慮ください

  • 診療時間

    月~水・金 AM10:00~PM7:00
    土 AM10:00~PM5:00
    休診日 木・日・祝日

  • 完全予約制

JR山手線目白駅から徒歩1分の若林歯科医院は完全予約制でリラックスして診療を受けられます。
※当院ではお昼休みの時間を決めておりません。患者様のご都合を最優先しております。

お問い合わせ

美容のための健康な歯へ!歯にいい3つの習慣!

2017年01月16日

歯のケアきちんとしていますか?

 

いくつになっても健康な自分の歯で食事をしたいものですよね。
その為には、日ごろのケアがとっても大事です。
歯磨きやうがいなどのセルフケアと合わせて、定期的に歯医者に行って歯の状態をチェックすることもお忘れなく!
最近の歯磨き粉は酸化チタンという、光や温度が上がると汚れを分解して白くしたり、殺菌作用などの性質を利用したものも発売されています。
ただ、今回はそういったケア製品に頼るだけでなく、普段からもケアできる、当歯科医も勧める歯にいい習慣のご紹介をしたいと思います。
 
 

当院も勧める歯にいい習慣3つ

 

1)歯磨き


え?そんなの当たり前だよ!って(笑)思うかもしれませんが。
ただ、「磨いている」のと「磨けている」では大きく違うんです。最初から歯磨き粉を付けて歯ブラシをすると大して磨いてなくても爽快感が出て磨けた気分になってしまいます。
オススメはまず歯ブラシに何も付けずに磨き、歯の表面に付着した歯垢(プラーク)を取ります。
歯の表面を舌で触ってツルツルになってきたら歯垢が取れている証拠です。その後歯磨き粉を少量付けてさっと磨いて仕上げをしましょう。
あと歯ブラシだけではお口の中のすべての部位の清掃が出来ません。歯ブラシ以外の清掃用具が必ず必要になります。
デンタルフロス、歯間ブラシ、舌ブラシなど。特に歯間ブラシは自分に合った太さを選ぶようにしてください。合わない太さを使うと歯肉を傷付けたり、汚れが取れなかったりしますので注意が必要です。
最後に朝、昼、晩で一番大事な歯ブラシはいつだか分かりますか?
正解は夜です。何故なら寝ている間は唾液の分泌量が少なくなり食べかすがあると歯垢の増殖を招くからです。夜寝る前の歯ブラシがとっても重要なんです。
 

2)食べ物や食べ方を選ぶ

 
スイーツ、デザート好きな方多いですよね?
満腹でもデザートは別腹なんですね(笑)そこでちょっとした工夫を。例えばチョコレートとキャラメル、どっちが歯に悪いと思いますか?
正解はキャラメルです。理由はキャラメルの方が口の中に留まる時間が長いからです。飴も同じで良くないですね。歯が砂糖に接触する時間が長い程良くない訳です。
あと甘いドリンクを少しずつ飲む、これも同じ理由で歯に良くありません。
甘いドリンクを飲むなら一気飲みですね(笑)これホントです。
あとはちょっとした歯への気配りとして甘いケーキを頂く時には、コーヒー紅茶は砂糖を入れずに飲むようにしましょう。
参考になりましたか?
 

3)規則正しい食生活を


飲食の回数が増えると虫歯が出来やすくなります。
食べる量では無く、食べる回数が問題なんですね。
虫歯にならないようにするためには規則正しく食事をする事が重要です。
同じ量の甘い物でも「数時間に分けて食べる人」と「一度に全部食べる人」だと前者の方が虫歯のリスクが高まります。
あと食事の時に30回以上噛む事により歯垢(プラーク)の形成を防ぐ事が出来ます。
 
 

追伸:歯垢(プラーク)とは?

 
口の中に残った食べかすをそのままにしておくと口の中に住んでいる細菌が栄養として体内に取り込んでその代謝産物として生成されるのが歯垢(プラーク)です。
歯垢は一度歯の表面に付着するとウガイや洗口剤では取る事が出来ません。(正しい歯ブラシで取る事が出来ます)この歯垢がお口の中の病気、虫歯、歯周病の原因です。
あと歯垢を取らずにいると唾液の中のカルシウムと混ざり歯石になり歯周病の原因となります。歯石になると歯ブラシでは除去する事が出来ずに歯科医院で専用の器具で除去してもらうしかありません。
歯垢のうちに除去するようにしたいものですね!
 
 

若林歯科医院 院長 若林潤