歯茎の痛みの原因と対処法とは

※営業の連絡はご遠慮ください

  • 診療時間

    月~水・金 AM10:00~PM7:00
    土 AM10:00~PM5:00
    休診日 木・日・祝日

  • 完全予約制

JR山手線目白駅から徒歩1分の若林歯科医院は完全予約制でリラックスして診療を受けられます。
※当院ではお昼休みの時間を決めておりません。患者様のご都合を最優先しております。

お問い合わせ

歯茎の痛みの原因と対処法について

2017年01月04日

歯茎が痛い時、皆さんはどのように対処していますか?

 
さっきまでは、なんともなかったのに急に歯茎が痛くなる事は多々あるものなんです。
歯茎の痛みは、体調がすぐれない時や身体が疲れている時に出やすい症状でもあります。
体調がすぐれない時に、歯茎が浮いた感じがすると思った経験が一度はあると思います。
今回は歯茎の痛みの原因と対処法を分かりやすく説明していきます。
 
 

1.歯茎の痛みの原因

歯茎が痛む際に検査してみると、歯周病が原因のことが多いです。
歯周病は口臭の原因や歯が抜けてしまう病気ですので歯茎も深く関係しています。
 
・歯茎が腫れて痛む場合
歯茎が腫れて痛む場合には、歯周病により歯の周りの骨が溶けてしまい歯と歯茎の間に細菌が溜まり膿をもつようになり腫れて痛みます。
歯周病治療を定期的に歯科医院で行う事によって歯茎の腫れや出血も改善されます。
 
・歯の根元が腫れて痛む場合
虫歯が深く根(神経)が死んでしまっている場合や根の治療がきちんと出来ていない場合に歯の根元に膿がたまり腫れて痛みます。
この歯茎の痛みは、虫歯で神経を抜いた歯や神経が死んでいる歯のみ起こる症状で、歯の根の先端の骨に膿が溜り、噛んだり寝ている間にズキズキと痛んだり歯が浮いた感じがするのが特徴です。
 
・口内炎で痛む場合
一度は口の中に口内炎が出来た事があると思いますが歯茎にも口内炎が出来ます。
口内炎の大きさも小さいものから歯と同じくらいの大きさの口内炎まであり治りにくいのが特徴です。
口内炎の原因は、さまざまですがビタミン不足や睡眠不足、ストレス、ウイルスなどと言われていますので規則正しい生活習慣を心がけましょう。
 
・親知らずによって歯茎が痛む場合
親知らずは歯ブラシが届きにくい場所に生えてくる場合が多く、歯ブラシで綺麗にしきれない為に親知らずの周りの歯茎に細菌が繁殖して歯茎が腫れてしまい、かみ合わせによって痛みが強くなる場合もあります。
かみ合わせに関係のない親知らずは、抜歯しましょう。
 
・ストレスによる歯茎の痛み
身体が疲れていたり寝不足などが重なって身体の抵抗力が弱ると歯茎が腫れる場合があります。
歯茎が腫れていたい場合には、柔らかい歯ブラシで歯茎を傷つけないように丁寧にブラッシングをして下さい。
 
 

2.歯茎の痛みの対処法

歯茎の痛みは、時間に関係なく襲ってきます。
歯科医院に直ぐに行けない場合、少しでも歯茎の痛みを軽減する為の対処法を紹介します。
 
・市販の痛み止めを使う
市販の痛み止めで痛みを軽減させます。
ドラックストアなどで市販されている痛み止めを服用します。
歯の痛みと書いてある薬を服用すれば痛みは軽減しますので楽になります。
出来るだけ早めに歯科医院で診察してもらってください。
 
・冷やす
歯茎の腫れがひどい場合には、冷やして腫れを抑えましょう。
タオルを濡らしたり、氷水袋を作り薄めのタオルで巻いて冷やす方法もあります。
歯茎が異常に腫れてくる場合は、膿がパンパンに溜まっている可能性が高いので歯科医院で診察してもらいましょう。
 
・口の消毒
口の中の細菌で歯茎の痛みが増す事もありますので歯茎が腫れて痛い時には、うがい薬などの刺激の少ない薬で口の中を綺麗に消毒しましょう。
 
・歯ブラシ
歯茎が腫れている場合、歯ブラシをいつもよりも柔らかいものに変えて優しく歯と歯茎をブラッシングしましょう。
出血しますが、必要のない出血ですので気にせず歯みがきをしていけば歯茎の腫れが収まって歯茎が引き締まってきます。
 
・休養する
ストレスや睡眠不足など体調によっても歯茎が腫れてる場合があります。
身体の抵抗力が弱っているような時には、しっかりと休養を取り体力を回復されましょう。
 
 

まとめ

歯茎の痛みの原因と対処法について、まとめてみました。
技術力はもちろんのこと患者様が納得いくまでしっかりとした説明と治療を当歯科医院では心がけております。
治療室も個室でプライベートな空間になっていますので治療をなさっている患者様から、とても喜ばれております。
目白にある当歯科医院でも、歯茎の腫れの診察を行っています。
お気軽にご相談下さい。
 
 

若林歯科医院 院長 若林潤