審美治療Q&A|歯茎が下がってきたという症状は歯周病なのでしょうか?

※営業の連絡はご遠慮ください

  • 診療時間

    月~水・金 AM10:00~PM7:00
    土 AM10:00~PM5:00
    休診日 木・日・祝日

  • 完全予約制

JR山手線目白駅から徒歩1分の若林歯科医院は完全予約制でリラックスして診療を受けられます。
※当院ではお昼休みの時間を決めておりません。患者様のご都合を最優先しております。

お問い合わせ

Q:歯茎が下がってきたという症状は歯周病なのでしょうか?

2016年10月19日

haguki

歯茎が下がってきたという症状の場合は、歯周病の疑いが強いと思われます。

 

歯茎の下には歯を支えている歯槽骨があり、その歯槽骨が溶けて吸収しないと歯茎は下がりません。

 

そのため、歯周病で骨が無くなって来ているのだと推測することが出来ます。

 

歯槽骨は一度溶けて吸収してしまうと元に戻らないという性質があるので、普段からの適切な歯磨き、お口の中のお手入れがとても重要になります。

 

歯周病は慢性の疾患のため、痛みが無いまま進行してしまいます。

 

もし歯茎が腫れたと感じた時は、自己判断せずにまずは歯科医院に相談した方が良いです。

 

当院では、歯周病治療及び予防に積極的に取り組んでおりますので、お気軽にご相談ください。

 

若林歯科医院 院長 若林潤

 
■その他の歯周病治療Q&A
 
 Q:歯周病は必ず遺伝するのでしょうか?
 
 Q:歯周病は治療をすると必ず治るのでしょうか?
 
 Q:歯周病は夫婦の間でも感染するのでしょうか?
 
 Q:電動歯ブラシと手用歯ブラシでは歯周病予防にどちらが良いのでしょうか?
 
 Q:歯石を取るのが痛くて怖いのですが、痛くない方法はありますか?
 
 Q:歯磨きをして血が出てしまうのは歯周病なのでしょうか?
 
 Q:歯石はどれくらいの頻度で取りに通ったらよいのでしょうか?
 
 Q:歯周病で骨が溶けるとは、どういうことなのでしょうか?
 
 Q:歯周病予防のための歯磨きは、どのようにすればよいのでしょうか?
 
 Q:歯周病はいつ頃(何歳)から注意した方が良いの?