歯周病予防のための歯磨きは、どのようにすればよいのでしょうか?|目白の歯医者・若林歯科医院

※営業の連絡はご遠慮ください

  • 診療時間

    月~水・金 AM10:00~PM7:00
    土 AM10:00~PM5:00
    休診日 木・日・祝日

  • 完全予約制

JR山手線目白駅から徒歩1分の若林歯科医院は完全予約制でリラックスして診療を受けられます。
※当院ではお昼休みの時間を決めておりません。患者様のご都合を最優先しております。

お問い合わせ

Q:歯周病予防のための歯磨きは、どのようにすればよいのでしょうか?

2016年10月01日

hamigaki

歯周病は生活習慣病ですので、日々のお手入れで歯周病が進行するのを大幅に抑える事が出来ます。

 

一日三回の歯ブラシがまず基本となります。三回の歯ブラシで一番時間を掛けて磨いて欲しいのは、夜の歯ブラシです。

 

夜寝ている間、磨き残しがあると細菌が繁殖して一番歯周病が進行するからです。時間が無い人は、朝と昼はサッと歯ブラシを済ませてしまっても、夜はしっかりと磨いてください。

 

あとは、補助器具も重要です。歯と歯の間の汚れは歯ブラシでは落ちません。デンタルフロスや歯間ブラシを使って汚れを落としましょう。歯と歯の隙間の大きさによって使うサイズが異なるのでご相談ください。

 

また、歯を磨く時間ですが、汚れが取れて綺麗になったら終わりですので歯磨きのスキルにより所要時間がはまちまちです。歯を磨いた後歯の周りを舌で触ってみて、ツルツルしていれば良いですが、ヌルヌルしていたらやり直しとなります。

 

時間を掛けてお口の中のお手入れをするのを是非習慣にして欲しいですね。

 

若林歯科医院 院長 若林潤

 
■その他の歯周病治療Q&A
 
 Q:歯周病は肺炎にも影響するのでしょうか?
 
 Q:たばこの喫煙と歯周病には因果関係がありますか?
 
 Q:歯周病は必ず遺伝するのでしょうか?
 
 Q:歯周病は治療をすると必ず治るのでしょうか?
 
 Q:歯周病は夫婦の間でも感染するのでしょうか?
 
 Q:電動歯ブラシと手用歯ブラシでは歯周病予防にどちらが良いのでしょうか?
 
 Q:歯石を取るのが痛くて怖いのですが、痛くない方法はありますか?
 
 Q:歯磨きをして血が出てしまうのは歯周病なのでしょうか?
 
 Q:歯茎が下がってきたという症状は歯周病なのでしょうか?
 
 Q:歯石はどれくらいの頻度で取りに通ったらよいのでしょうか?
 
 Q:歯周病で骨が溶けるとは、どういうことなのでしょうか?
 
 Q:歯周病はいつ頃(何歳)から注意した方が良いの?