審美治療中に、見た目が悪くなったり、歯がない期間が発生したりしないのでしょうか?|目白の歯医者・若林歯科医院

※営業の連絡はご遠慮ください

  • 診療時間

    月~水・金 AM10:00~PM7:00
    土 AM10:00~PM5:00
    休診日 木・日・祝日

  • 完全予約制

JR山手線目白駅から徒歩1分の若林歯科医院は完全予約制でリラックスして診療を受けられます。
※当院ではお昼休みの時間を決めておりません。患者様のご都合を最優先しております。

お問い合わせ

Q:審美治療中に、見た目が悪くなったり、歯がない期間が発生したりしないのでしょうか?

2016年09月24日

shinbi_b1審美歯科治療中の歯が無い不具合に関してですが、まずジルコニアオールセラミックで治療する時、既存の被せ物やブリッジを除去した後は必ず仮の歯を入れますのでご安心ください。

 

治療中は初回で作製した仮の歯を手直ししながら新しいジルコニアオールセラミックが完成するまで使用していきますので基本的に歯無しの期間はありません。

 

Emaxで処置する場合も作製中は仮の蓋をしますので、ご安心ください。

 

ただ、仮の歯、仮の蓋の期間はガム、キャラメル、餅などの粘着性の高い食べ物は食べないようにしてください。仮の歯や仮の蓋が外れてしまう可能性が高いので。

 

また、インプラント治療の場合は、治療が進んで行く過程で時期によっては仮の物が入れられない場合もありますのでその都度、ご相談となります。

 

当院の審美歯科治療に関して、もっと詳しくお知りになりたい方は、審美歯科治療ガイドをご覧ください。

 

若林歯科医院 院長 若林潤

 
■その他の審美治療Q&A
 
 Q:すきっ歯を矯正治療以外で治す方法がありますか?
 
 Q:歯並びが悪いのですが、審美治療でも歯並びはある程度治りますか?
 
 Q:保険治療の差し歯はなぜ変色するのでしょうか?
 
 Q:審美治療済みの歯のやり直しは可能でしょうか?
 
 Q:黒ずんできた差し歯にした歯茎の色を綺麗にすることは出来ますか?
 
 Q:保険でなく自費で歯を綺麗にするメリットとは何でしょうか?
 
 Q:審美治療で使用されるセラミックとはどのようなもの?