目白の歯医者・若林歯科医院より他院で抜歯と診断をされた歯に適切な根管治療を行う事で保存延命した症例をご紹介

※営業の連絡はご遠慮ください

  • 診療時間

    月~水・金 AM10:00~PM7:00
    土 AM10:00~PM5:00
    休診日 木・日・祝日

  • 完全予約制

JR山手線目白駅から徒歩1分の若林歯科医院は完全予約制でリラックスして診療を受けられます。
※当院ではお昼休みの時間を決めておりません。患者様のご都合を最優先しております。

お問い合わせ

他院で抜歯と診断された歯に適切な根管治療を行う事で保存延命した症例

2016年08月08日

 
初診時の口腔内写真

患歯は右下の7番、銀の被せ物が入っている歯です。
数年前に根管治療をして銀歯を装着したが、
最近になり歯茎にデキモノが出て噛むと痛い。
他院を受診したが、投薬のみで次腫れたら
抜くしかないと言われホームページで当院を知り来院。

初診時のレントゲン写真

初診時のレントゲン写真です。
不良な根管治療が原因か、
根の先に病巣が認められます。

 

治療中の口腔内・レントゲン写真1

左:原因を究明するため診査をして行きます。
歯肉に出来たデキモノは根の先の病巣に
繋がっているのを確認。歯周ポケットは9mmあるが、
歯周病によるものではないと判断し、
根管治療を施す方針で進めて行きます。
右:銀の被せ物を外して中に入っている土台を削り、
根管治療を始めます。根管の長さを計測します。
 

治療中の口腔内・レントゲン写真2

左:根管の中の感染物質を綺麗に掃除して
根管に最終的な薬を入れた直後のレントゲン写真です。
すでに根の先の病巣にやや変化(縮小)が見られます。
中:仮歯を装着した状態です。歯肉のデキモノは消退して
噛むと痛いという症状も無くなりました。
右:ファイバーコアを装着した状態です。
初診時の症状は全くありません。歯肉の状態も良好です。
 

施術後の口腔内写真

最終的な補綴のジルコニアオールセラミックを
装着しました。審美的にも満足の行く状態まで
改善出来ました。
 

当院では極力歯の保存を試みた
提案をさせて頂いております。
お困りの方、お気軽にご相談くださいませ。
 

若林歯科医院 院長 若林潤

 

【根管治療 関連症例】


■「根管治療の症例(根管治療後13年が経過した症例)」はこちら

■「根尖病巣と髄床底破損を治療後13年経過した症例」はこちら

■「歯髄狭窄した歯の根管治療をマイクロスコープにて処置した症例」はこちら