目白の歯医者・若林歯科医院より根分岐部病変に対して歯根分割で対処した症例をご紹介

※営業の連絡はご遠慮ください

  • 診療時間

    月~水・金 AM10:00~PM7:00
    土 AM10:00~PM5:00
    休診日 木・日・祝日

  • 完全予約制

JR山手線目白駅から徒歩1分の若林歯科医院は完全予約制でリラックスして診療を受けられます。
※当院ではお昼休みの時間を決めておりません。患者様のご都合を最優先しております。

お問い合わせ

根分岐部病変に対して歯根分割で対処した症例

2016年04月06日

日常臨床において歯周病の難症例に遭遇する事が
しばしばあり、いざ着手しようとするとかなり大掛かりな
処置になると旨を説明すると躊躇してしまう事も
多いのですが真摯に向き合ってくれる患者さんには
時には大掛かりな処置も必要になります。
全ては歯の保存、延命をする為に…

 

歯根分割施術中の画像1

左:患歯は左上6番の根分岐部に問題があり、
深い歯周ポケットが存在しています。
麻酔下にて歯肉を切開して骨の状態を
確認する為に歯周外科処置をしています。

右:近心から遠心にかけて歯槽骨の吸収があり
完全に交通していてガーゼが通る状態です。 

歯根分割施術中の画像2

左:同日頬側根と口蓋根とを分割する処置を行いました。
歯肉の回復を待ちます。
右:1ヶ月後、歯肉の状態は改善して歯周ポケットの
深さも適正範囲になりました。
メタルコアを装着して行きます。

 

歯根分割施術中の画像3

歯周外科処置から2ヶ月経過。
歯肉からの出血も無くなり安定しています。
仮歯で最終的な補綴の形態を試行錯誤して
清掃しやすい形を見付けています。

 

歯根分割施術後の画像

最終的な補綴のジルコニアオールセラミックが
装着された状態です。現在術後1年が経過していますが、
歯周ポケットの再発もなく歯の動揺もなく
順調に経過しています。複雑な処置でしたが、
患者さんの理解と協力が得られたので
無事に歯を保存することに成功しました。

 

歯根分割参考画像

 

若林歯科医院 院長 若林潤

 

【総合治療(咬合・矯正・義歯) 関連症例】


■「歯根破折により抜歯を行った症例」はこちら

■「総合治療にて咬合機能を回復した症例」はこちら

■「クラスプレスデンチャーで咬合回復を行った症例」はこちら